*

憧れのドラマーになるためにハンドメイド楽器のドラムを作った

私が憧れている楽器はドラムです。バンドの人がドラムを力強く叩く姿がかっこよくて憧れているのです。ですが実際のドラムを購入するにはお金がかかるし、何よりも自宅に置き場所がありません。ドラムは場所を取るイメージがあるため、小さめのドラムのほうが私にはいいのです。しかし小さめのドラムといってもすぐに見つかるわけではないし、何よりも本格的に取り組みたいというよりもドラムを一度でいいから叩いてみたいという思いのほうが強いのです。なので私はハンドメイド楽器のドラムを作って望みを叶えることにしたのです。
ドラムはハンドメイド楽器の中でも比較的初心者向けです。作り自体はわりと簡素であるため、初心者でも簡単なものなら作れるのです。実際のドラムの音に近づけようとなると多少は難易度が上がると思いますが、お遊び程度で取り組むのであれば簡素なものでも十分です。
本体となる部分は空き缶でも空き箱でも何でもいいです。大事なのは叩く部分の膜です。この部分は丈夫な素材を使わないと力強く叩いたときにすぐに壊れる可能性があります。
最初は布を使うことも考えましたが、音があまりパッとしなかったため、ゴム素材のものを使うことにしました。ゴムは伸びるため、ピンと張ればよく響く音になるのです。空き缶の蓋を切り取り、ゴム素材をピンと張って被せ、取れないようにしっかりとテープで固定しました。バチは割り箸の先に布を巻いて作りました。
ドラムはいくつかあってこそだと私は思うので、他にも作りました。同じものでは芸がないし、それに違う音のほうが演奏できるバリエーションも広がるため、違う素材でドラムを作ったのです。
紙コップの上にマスキングテープをピンと張った彩り鮮やかなドラム、カメラのフィルムケースにラップを巻いたドラムなど合計で三つほど作りました。ハンドメイドしたドラムはすべて音が違うため、叩いていてすごく楽しいです。ただドラムは演奏するのが難しいです。やる前はただ叩くだけだから簡単だろうと思っていたのですが、両手を違う動きにするのが至難の業でまともな演奏ができるようになるまで数日ほど要してしまいました。
自作したドラムでこれなのですから、本物のドラムだったらもっと時間がかかっていただろうと思います。慣れてくれば曲を演奏できるようになってきたため、家族の前で何度か披露したこともあります。
さすがに本物のドラムのようにハデな音は出ませんが、気分は完全にドラマーです。憧れのドラマー気分に慣れたのですから、自作して大正解です。

広告
自分で作ったオリジナル楽器で演奏するととても楽しい。希望ヶ丘・二俣川のピアノ教室ならマドリッド音楽教室【横浜 旭区】ではお子様も楽しく音楽を学べます。

 

公開日:
最終更新日:2016/06/18